欲しいものはこの手でつくろう

自己紹介

|こどものまちづくり家。一級建築士。
|こどものチカラでゼロからDIYでつくりあげる企画のデザイン運営
|子育てしやすい街区・住宅の企画設計
|こどもが関わる場所の空間設計

広島県福山市出身。機能不全家庭で育ち「家」への憧れを胸に1994年に上京し、建築設計の仕事をはじめる。主に分譲・賃貸・投資向けマンションの設計監理を担当。その後都市デザインシステムにて「コーポラティブハウス」の設計に携わり、建物・環境というハードのもつチカラに加え、家族・地域の在り方というソフトに興味を持つようになる。
4人の子育てをしながら地元で働くことでライフバランスを整えようと、2013年「こどもDIY部」を設立。放課後や長期休暇のこどもたちの居場所をDIYで作っていくことからスタート。
現在では放課後居場所づくりに加え、こどもの能動的な行動をサポートする「こどものやりたいことをやってみよう」事業として、新宿落合で小学生が経営する小さなマルシェの開催、動画ディレクターを招いて映画づくり、豊島区要町で「教えない料理教室タベルノクラス」を運営。
2014年8月にドイツ・ミュンヘンで30年以上の歴史がある「ミニ・ミュンヘン」というこどもだけでまちをつくるイベントがあると聞き、子どもを連れ勢いでミュンヘンへ視察。
大人は立入禁止、少ない大人のスタッフで毎日2000人ともいわれるこどもたちの権利を保証する活動に感銘を受け、日本での開催を誓った。
2016年3月、豊島区内で「春はのんびりこどものまちをつくろう」を開催。
7日間でのべ745人のこどもたちが参加し、そのうち約52%がリピーターで占められていたことに、手ごたえを感じている。
2019年3月のこどものまち開催に向け、現在準備を進めている。


今後やっていきたいこと

建築設計・子育て・イベント運営で培ったノウハウを元に、こどもの育ちや家族が楽しく暮らすことに大切な住環境や空間、まちづくりに携わっていきたいです。

職歴

  • 設計

    都市デザインシステム 他

    分譲賃貸投資向けマンションの設計監理

    1994年 04月 ~ 現在

学歴

  • 呉工業高等専門学校 建築学科

資格
その他

  • 一級建築士・整理収納アドバイザー

イベントプロデューサー
その他

こどものまちづくり家

さかた ともえ

こどもDIY部

ワークスタイル

  • 常駐
  • リモート
  • 週2〜3日
  • 週5日
  • 土日のみ