1. Teamlancer
  2. プロジェクト一覧
  3. 【秋田】シニア歯科医師のためのセカンドキャリア支援プロジェクトを一緒にやってくれる方募集中!

その他

【秋田】シニア歯科医師のためのセカンドキャリア支援プロジェクトを一緒にやってくれる方募集中!

プロジェクトのゴールミッション
細かい治療の多い歯科治療。見えない・手先が震える…一度は一線を退いた歯科医師の先生方に、嚥下内視鏡を武器に高齢社会における摂食嚥下支援をリードしてもらいたい!第二の歯科医師人生を応援し、地域における摂食嚥下障害の認知度向上も目指します。

課題・背景

なぜやるのか? 抱えている課題とは?

 日本の高齢人口が増す中で、栄養障害や死亡原因のほとんどに摂食嚥下障害が絡んでいます。一説には死因の8割は摂食嚥下関連死であるとさえ言われています。摂食嚥下機能の低下は単なる飲み込みの問題ではなく、肺炎・窒息・栄養障害のきっかけになることが少なくなく、嚥下内視鏡を通してそのリスクの有無や現状を患者さんや家族に知ってもらうことが、肺炎予防や早期離床、最期まで口から食事をする喜びに繋がると考えます。
 現在、主に嚥下内視鏡を中心とした訪問診療で実際に患者に自分の咽頭喉頭を見てもらいながら治療を進めています。また、地域コミュニティでの講演活動や体験活動を通してフレイルや摂食嚥下障害に関する啓蒙活動を行っています。しかしながら内視鏡挿入技術を持つ歯科医師の確保や営業周知活動など、多岐に渡るシーンでのマンパワー不足を痛感しているところです。秋田県において、嚥下内視鏡を用いた診断ができる歯科医師は未だ少ない状況です。歯科医師という点では、咽頭喉頭機能に限局した対策ではなく、自分の口で咀嚼して栄養をとることにも配慮した、歯科医師による補綴治療(義歯治療)を含めた包括的な摂食嚥下支援が必要な時代であると考えます。治療は患者本人の幸せだけでなく、支える家族やヘルパーのQOL向上・負担軽減にも繋がることであります。高齢人口が増加する今、摂食嚥下の知識は患者にとっても、その家族や医療従事者、コメディカルにとっても必須の知識です。認知度向上のためにも、まずは歯科医師を確保し、積極的に市民に介入し草の根的に裾野を広げていきたいと考えています。
 これまで若手歯科医師の確保に奔走してきましたが様々な理由で結果に繋がらずにいます。反対に、高齢歯科医師にフォーカスしたらどうかと考え、現プロジェクトの発案に至りました。どうかご一緒に、人材確保に向けて走り回ってくださる方を募集しています!

プロジェクト概要

なにをやるのか?

・まずは大学名簿を基本に年齢層を絞り、医院情報や人物情報をもとに実際に営業しにいく形をとります。恥ずかしながら全くの白紙からのスタートになるため、他に高齢歯科医師の確保に向けたアイディアがあると嬉しいです。
・厚労省の人口動態統計や調査データをもとに、摂食嚥下障害をとりまく現況を俯瞰し、より説得力の高い営業資料や講演資料を作り上げていきたいです。
・セミナーや求人用のためのパンフレットやポスター・申込フォームの作製。参加してみたい!とワクワクするようなビジュアルや内容にしていきたいです。
・講演会やセミナーに伴う諸準備(会場設営・費用管理・手続き)。

ミッションに賛同する

メンバーを募集してます!

※このプロジェクトのメンバー(職種・人数)は、
オーナーと相談の上、決定となります。

このプロジェクトで得られるもの
・それぞれの御経験をもとに、自由な発想で多くの人材発掘やイベント企画に携われると考えます。
・摂食嚥下に関する知識を習得できます。患者さんとは間接的な関わりであっても、生涯役に立つ知識をシェアすることができます。

募集要項

契約形態 未定
報酬目安 未定

プロジェクトオーナー

東根 まりい

医療法人 佳聖会


\プロジェクトメンバー募集/
プロジェクトメンバー