1. Teamlancer
  2. チーム一覧
  3. reporu(レポル)、OKRレポーティングサービス

reporu(レポル)、OKRレポーティングサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自律分散型チームの情報共有を滑らかにする。
IT・インターネット
reporu(レポル)、OKRレポーティングサービス
チームについて

目的:自律分散型チームが活躍できる世の中にする。

ミッション:チームでの情報共有を滑らかにする
チームで成果を出すために必要なレポーティングの課題とreporuは向き合います

■現在取り組んでいること
1.解決したい問題:チームマネジメントの情報共有
フリーランスやポートフォリオワーカー(副業・複業)にとって、お互いのバッググラウンド(専門性・スキル・仕事の仕方・特に情報共有の仕方)を知らないまま、プロジェクトが開始されます。そこで、大方、「情報共有」におけるPainが最も多くを占めます。
例えば・・・
・チームメンバーが複業、リモートワークのため、情報共有に必要以上のオンラインでのコミュニケーションコストかかり、業務進捗が遅れてしまう
・初めて一緒に働くメンバーが増えることで、相互理解に時間を要し、各メンバーがプロジェクト発足当初から本来の能力を発揮することができない
・専門性が高いメンバーが集まるからこそ、互いの業務を理解しあえず、目線があわない
・共有したと思った大事な情報が、メッセージや他の業務でいつの間にか流れてしまう
・チームを一つにするために目標を立てたのに、大切な目標が忘れられてしまう
などです。(これは、私が独立してもろに感じたPainです)

2.ソリューション:Slack連携を前提としたOKRレポーティング
reporuでやろうとしていることは、
・プロジェクトの進捗がわかる
・お互いのタスクと進捗がメンバー管理で共有できる
・タスクの進捗は、Slackとの連携によって知らせることができ
・みんなの過去のこと(プロフィール・これまでのプロジェクト)がわかる
・みんなの今のこと(どこでどんな仕事をしているか)がわかる
・同じIDで複数のプロジェクトに参画できる。
・プロジェクトでの結果(プロジェクトメンバーからピアレビュー)を持ち歩くことができる。
などです。
ご興味を持っていただける場合、現在のデモをお見せします。

3.WhyNow?
今後、副業やポートフォリオワーカーがどんどん増え、物理的・心理的・知識的に離れた人たちが一つのプロジェクトを推進していく機会が増えます。

チームメンバー
プロデューサー・ディレクター
新規事業企画・開発

全員を見る(1人)
チーム名 reporu(レポル)、OKRレポーティングサービス
カテゴリー IT・インターネット
リーダー 久米村 隼人
対応エリア 関東
関連URL http://reporu.team/
reporu(レポル)、OKRレポーティングサービス
強み・特徴
チームメンバー
Leader
プロデューサー・ディレクター
新規事業企画・開発
久米村 隼人
Member
対応エリア
関東